保険契約者は契約者のみ対象となっている訳ではない

保険で細分化がされているものには補償範囲などがありますが、保険契約者についても今では細分化がされています。例えば、保険契約者は保険の加入者であり支払義務が発生している人というのが一般的ですが、こちらについては他のものが対象となるケースも存在します。

具体的には、保険金の受取人が契約者本人ではないケースがそうです。本来であれば、保険金については契約者本人で適用となっています。ですが、代理で保険に入っているケースでは受取人を設定することも出来ますし、その他にも保険に加入できない未成年が保険に入る場合には、親が子供の代わりに保険契約者となっているケースもあります。

親が子供の代わりに保険の支払をする訳ですが、何かあった際には保険の補償範囲は子供となります。今では、そのままこども保険として保険会社が用意しておりますので、親が入る保険とセットで入ることで保険の契約開始となります。

その他にも、保険事故が発生した際に本人が受け取れないケースで受取人が発生することもあります。これは難しい事例ではなく、契約者本人が保険に加入をされていても事故などで亡くなり、保険金を受け取れないケースが当てはまります。

このようなケースでは、予め定められている受取人が保険金や給付金を受け取るようになります。そして給付金については、一括ではなく補償範囲内の保険金を分割して、毎月で支払われていく形式で受け取りを行っていきます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ