適度に参考にする程度の格付けは保険財務格付け

保険の運営については、格付けがあります。例えば、そのまま保険会社の運営状態が良好なのかの格付けがあり、正式には保険金支払能力格付けとされているものがそうです。

こちらについては、スタンダード&プアーズといった有名な格付会社が行っているものなのですが、実際に運営状態が良好であるかどうかが正確に格付けされています。アルファベットや記号などを用いて格付けがされていますので、評価の高い記号のものを選択するのが基本となっています。

しかし、格付けには保険財務格付けもあります。ただ、前述の格付けとは違ってあくまでも参考にする程度の格付けなので、一般的な保険会社選びにおいては参考レベルで利用する程度が望ましいとされています。と言うのも、格付けではあるのですが保険財務格付けは保険会社の能力の比較には利用しづらいからです。

その理由は、債務を履行する能力などを示唆している格付けではないとされているからで、あくまでも財務力についての格付けとなっているのです。
言い換えますと、保険財務格付けは保険会社がどのようにして保全されているかを表すものでしかないのです。

保険会社が、どのようにして財務について管理しているかの格付けなのです。どうしてこちらの格付けは比較基準にならないのかと言うと、今では保険会社の財務管理についてはどこも同じような方法が適用されているケースが多いからです。また、これだけでは財務力や安全性を完全に保証できるものとはならないケースもあるので、格付け上では扱いが特殊であるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ