知らないと後で損をする保険始期日の詳細について解説

保険会社で契約を結ぶ際には、保険料が支払われているのかを正しく認識する必要があります。と言うのも、お金を支払っていない場合には保険会社は保険を適用させないと定めているからです。

後になって支払いを行うと言う形で保険が適用とはならないようになっており、保険が既に開始されているのかどうかについては保険始期日で知ることが出来る仕組みです。ただ、こちらについては補償開始日とも呼ばれているので、注意しないといけません。

また、保険始期日や補償開始日と言う名称だけでなく、基本的には保険会社に連絡を入れて保険が適用となっているのかの確認も大事です。

今では、保険料が支払われている状態だと連絡を入れてくれるようにもなっているので、電話については確実に受けておくようにします。これを面倒臭がっていると、保険会社から何度も電話がかかってくることもありますので、注意する必要です。

さらに、保険については損害や傷害に対しても、保険料が支払われていない場合には保険金を支払わないと定まっています。つまり損害保険など、どのようなタイミングで事故が発生しやすいか定まっていないものであっても、保険が何時から開始になるのか知っておかないといけないのです。

前倒しで保険に入られているのであれば、問題は基本的にありません。他に応当日とされているものもありますが、こちらについては保険始期日に対応する別の週・月・年で定まっているもので、主に契約の終了期日について正確にする為に、応当日とされているものが定められています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ