補償範囲によって保険事故に発生する保険金は違う

保険会社で定められている保険事故とされているものが、実際に事故が発生した際の保険金支払い対象となっています。つまり、自動車保険に加入している場合には自動車に関する範囲でしか保障を受けることが出来ないというわけです。

こちらだけであればシンプルですが、実際の保険では生命保険や災害保険や損害保険がありますので、保障範囲についてはわかりづらいケースが多いものもあります。生命保険が特に多岐にわたっているのですが、生命保険は全ての命に関する保障を行っているわけではありません。

例えばガン保険がそうなのですが、予め適用範囲が狭い保険に入っておかないと、保険適用にならないような病気・怪我などもあります。他にも、保険適用の範囲だけではなく金額についても、保険事故によって違ってくるケースもあります。

先ほどのガン保険についても、ガンだけを重要視してガンに高い保険料を支払っているのであれば、保険金についても高額になるよう設定がされています。
ですが、生命保険の特約のように別の形でガン保険などに加入されていると、それだけ保険金については減ってしまうケースが多いです。

基本的に保険の適用については、主契約とされる最初に加入するもので保険金が高く設定されているのです。

クレジットカードなどでは保険の付帯や特約の設定が出来ますが、クレジットカードの利便性の高さにかまけてしまうと、その分だけ特約が多く保険金が低い保険を重ねて加入しているだけと言うケースもあったりしますので、クレジットカードによる加入についても注意しなければいけません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ