種類によって保障範囲が違ってくる保険者を正しく理解

保険を結んでいる間柄のうち、片方の契約に関する料金を支払う人のことは契約者と言います。他方で、事故が発生した時の支払いをする側を保険者とよびます。
その為、既に契約加入している場合は、この契約者と保険者の2つに分かれて管理がされるようになっているのです。

そして保険者については、契約先の業者を指す場合に主に使われます。具体的には、実際に保険金額が支払われる際に、誰が契約者に対して支払を行っているのかを明確にするのに利用されます。

また、業者には支払い義務が発生するようになっているので、別の会社から支払が行われることはありません。常に業者と契約者の間で、支払が行われていくのです。ただ、お金を受け取る側については受取人を変更することが可能となっています。

例えば、生命に関する補償を受けている状態で重度障害にかかってしまった場合、高額の支払が発生しますが、そんな場合には身重になる契約者以外を指定しておけるようにもなっています。

このようなケースでは、主に家族の誰かを受取人に指定するのですが、最初に決めた相手以外に変更も可能です。また、受け取り方法については一括だけとはなっていません。給付金として、毎月の支払を受け取るケースもあります。

その他に、損害に関する補償についても支払では違いがあります。損害の場合は、火災などの発生では適用範囲によって支払われる金額の大きさも違ってくるので、細かい設定が出来るものについては、予めどのような保障なのか知っておく必要もあるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ