保険代理店であれば複数の保険を取り扱っているメリットがある

クレジットカードで有名ですが、保険には保険代理店があります。代理店とされていますが、正確には保険会社の一部の販売委託を受けている状態で、保険を販売しているというだけです。なので、有名な保険に加入する事は出来ますが、商品によっては対応をしてもらえないデメリットもあります。

クレジットカードの場合、カード発行と同時に保険に加入するような流れが多いです。なので、前もって保険が決まっている際には便利なサービスとなります。更に2つメリットがあるのですが、1つはクレジットカードの場合には保険料が安く済むというメリットです。

こちらについては、カード発行の際に案内されてくるものなのですが、基本的に同時に申し込むことでキャッシュバックが発生するなど、お金を還元するようなサービスやキャンペーンが多いのが特徴です。このクレジットカードについては、ゴールドカードなど特別なカードに加入する必要はありません。

もう1つのメリットですが、クレジットカードであれば保険の種類が多いというメリットがあります。通常では、保険会社は関連している保険のみで対応をしています。生命保険会社であれば生命保険、自動車保険会社であれば自動車保険、という具合です。

しかし、カードの場合には保険を複合的に付帯できるという特性があるので、複数の保険に同時に申し込んだとしても、デメリットにはならないのです。販売委託については、正確には締約代理商、媒介代理商といった代理商があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ