保険会社では年数を保険年度と扱うので注意しなければいけない

保険を契約する際に、保険年度という言葉で何かしらの案内がされてくることもあります。こちらについては、第1となっていた場合については、通常の1年を指し示しているものと理解して良いです。

保険会社では、保険期間の契約日である始期を前提として年数をカウントしているので、第1・第2と言った表現が取り入られているのです。ただ、電話などで電話会社に問い合わせをすると、一般の人にもわかりやすいように1年や2年で説明をしてくれる場合が多いです。

正確にはこのような表現があるという訳ですが、こちらについては満期日について明確にする為に利用されている事が多いです。

例えば、満期日になるとボーナス払いが発生するという保障もあるのですが、そのような保険の契約については保険年度が3年間や5年間で定まっていたりします。具体例を挙げると、3年度になると10万円のボーナスが支給されるようになっている保険がそうです。

その際に、保険会社から既にボーナス払いが発生していると、郵送されてくる書類などではボーナス払いを行った年度については、薄い赤色などでサインが設けられていたりします。こちらは払込済みのサインなのですが、最終的にしっかりと保険を支払ってボーナス払いの対応を受けたのかのチェックで必要となっています。

ボーナス支給型の保険については、数年間以上の利用で段々とボーナス金額についても上がっていくので、このような細かい対応がされているという訳です。また、ガン保険の場合には保障の開始日と契約日が不一致しているケースもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ