保険年齢があるので少しの違いで保険料金には違いが発生する

保険は、人によっては保険料金に差が出る場合もあります。それは保険のプランを高いものにしたからではなく、人によっては保険年齢というものが繰り上がってしまうからです。例えば、30歳7ヶ月の方が契約をする際には本来の30歳という扱いにはならず、31歳という年齢で契約が締結されるようになっているのです。

保険については、6ヶ月以下では切り捨てとなっているのですが、6ヶ月超の場合には切り上げ計算がされるようになっています。
つまり、30歳6ヶ月の方が契約をするのであれば30歳として扱われるのです。保険によっては、高年齢で入ると保険料金が高いものもあります。

このような保険に加入する際には、前もって契約を結んでおくことも重要ですし、もしくは似通った保険で金額の変動が少ないものを選択する必要もあります。ただ、近年ではこのような保険の仕組みについても対応がされていますので、場合によっては年齢に関係なく保険に加入できるケースもあります。

そのケースについてですが、年齢が加算されるほどに保険料金が高くなっていく仕組みで有効となります。例えば、生命保険などでは掛け捨て保険以外でこのような保険があるのですが、高年齢というのは主に60歳以上か65歳以上などを指しています。

つまり、先ほどの30歳の方であれば年齢が業者で決められている年齢に達するまでは、小さな料金の加算しかされないようになっているのです。但し、掛け捨てではありませんので保険満了となるまでは支払を続ける必要もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ