保障範囲と保険の目的は、保険選びでは特に重要

保険は、全て保障範囲で保険の適用範囲が定まっている訳ではありません。例えば、賃貸に住むようになった場合には火災保険に強制加入となるケースが多いのですが、このように強制加入されるタイプの保険については、実際に賃貸する事になったアパートやマンションが適用範囲となっています。

なので、強制加入の保険については、適用範囲が室内に関する全てと判断して良いのです。しかし、保険には保険の目的という項目もあります。先ほどの火災保険の場合には、物件によっては目的を定めておかなければならず、主な目的では建物と家財一式という風に設定が出来るようになっています。

建物だけで目的を決めてしまうと、建物については保障がされるようになるのですが、家屋に高い家財を置いていた場合に破損などがあっても、補償される金額については定まった料金までとなるのです。

人によっては一般的な家財ではなく、高額な特殊な家財などを購入しています。このような場合には、その物品や家財に対して火災保険を掛けておかなければいけません。このようなケースがあるので、保険の目的という項目が存在するのです。

また、自動車保険の場合では、自動車の搭乗者というのが主な保険の適用範囲となっています。よって自動車そのものの事故の種類については、目的で定めておく事で実際に事故によって損失があっても、保険適用となるケースもあります。目的については、複数以上で定めると、通常より大きな料金がかかる場合もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ