保険を契約する際には保険料の支払を前もって行う必要がある

保険会社は保険料を支払われることによって、将来的に発生するかも知れないリスクを保障してくれます。そのような決まりになっているので、逆に支払が滞っている場合については、保障がされないようにもなっているのです。例えば、自動車保険の場合に保険料は重要となってきます。

支払が滞っている場合であっても、保険会社によっては後払いを認めてくれるのですが、保険内容によってはそのような対応をしてくれないケースもあるからです。
このような状態に陥った場合では、実際に発生したリスクについては契約者本人が支払うようになっています。

また、保険の支払を滞納している状態で解約をされると、次回からはまとめてでの支払い以外では、保険契約が結べなくなったりもします。このような対応については、保険会社で記録がされるようにもなっているので、時間経過によって状況が和らぐようになるというものでもありません。

また、料金の計算については予定死亡率、予定利率、予定事業費率で計算がされるようになっていますが、基本的に保険会社選びをする際には、同じ保険でどこが格付けでは高く、料金設定では安いのかをチェックして選ぶのが基本となっています。

あくまでも保険会社はこのように設定をされているだけなので、今ではインターネットからで申込をすると料金が安くなるなど、別のサービスに取り組んでいる保険会社が多かったりします。それと、配当金のない無配当保険や無配当終身保険は、基本的に保険料では安い設定となっていたりもします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ