加入年齢によって保険料率が変わるようになっている

保険に加入する年齢によっては、通常より保険料金が高いというケースがあります。これは、保険会社が更新などによって料金の引き上げを行っているのではなく、保険料率で定まっているからです。料率とある通り、状況によって金額については変動する仕組みとなっています。

例えば、病気持ちだったり指定されている年齢より高い場合には、この料率を基にして計算がされるようになっているのです。通常より状況が悪い場合には、基本的に下がるということはありません。

また、それだけでなく年齢が上がる事によって、保険料率について割増がされるようにもなっています。具体的なケースでは、30代から40代になった場合がそうです。40代になると生命表とされるものを基にして、現在の年齢と病気のリスクというものが生命保険会社などで計算されます。

基本的に高年齢になればなるほど疾病リスクについては高まっていくので、年齢によっては高い保険もあるのです。ただ、保険料については安い状態をキープする方法もあります。それは、最初から金額が変動しない代わりに少し高めで設定されている保険を選ぶと言う方法と、もう1つは自動車保険などで安全運転を心がけてトラブルを起こさないと言う方法です。

前者については最初から少し高いだけで変動はありません。後者については自動車免許がブルーやゴールドになる際には、保険がブルー以上で割引になるようになっているので、保険会社によっては通常より値引きされた保険料が適用となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ