自分にとって都合の良い日を補償開始日とする

契約の補償開始日は、出来るだけ自分にとって都合の良い日からスタートとしても問題ありません。都合の良い日については、具体的には補償の開始となると都合の良いタイミングを考えると良いです。例えば自動車保険の場合には、実際に自動車に乗車するタイミングで補償を開始とするようにします。

人によっては、補償を開始する際に購入された自動車が到着するケースもありますが、自動車会社に聞いておくと到着日についてはわかるようになっています。また、保険始期日と言うものもありますが、補償開始日として扱われている事もあります。

同じように契約について開始になった日なので、保険始期日については違う意味の用語ではありません。保険始期日については保険会社が保険適用とする際に使われるので、保険の効果が発生したのを保険会社で確認するのに利用されているものと判断しておくとわかりやすいでしょう。

次に補償についてですが、保障とは意味が違っているので注意する必要があります。例えば、自動車保険の保障については、搭乗者に対しての保険となっています。つまり、1人だけで保険を決めている場合には、搭乗者のみが保障の対象となるのです。

それに対して、補償ではどれだけの金額で保険金が支払われるようになっているのかを言っています。今では最初から保険のプランが用意されているので、全ての金額を一からオリジナルで決めるのではなく、プランから選ぶ形で保障や補償が決まってくるようになっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ