ボーナス払いとは違う満期払戻金についての案内

満期返戻金とも呼ばれる事がありますが、満期払戻金とは、満期まで契約を解除せずに支払を終えた者に支払われる保険金です。終身型保険とされているものには、一定の金額で積立についても可能というものと、決まった金額が満期払戻金で支払われるものの2つがあります。

似ているような支払方法となっていますが、正確には終身型保険と満期契約の保険は別物となっているので、勘違いしないように注意しないといけません。
まず終身型保険についてですが、そもそも誰が保険に加入をしても満期については同じとなっていません。

その理由としては、支払った月数が大事となっているので、短期では終了とならないようになっているからです。なので、若い内から入っておくと早い段階で満期となる点で違いがあります。また、終身型保険の場合には、支払われる金額についても高くないケースが多いです。

保険そのものの効果が長期に渡って発生しているので、こちらが主な見返りとなっているからです。次に満期で契約が終了し払戻金が発生する保険についてですが、終身型保険との違いは金額が契約時に定められていると言う点です。つまり、多くの人が先に設定をされている状態で払戻金について受け取っている訳です。

このような設定上の金額があるので、金額については誤差がないようになっているものが多いです。ただ、このような満期で保険の一部が払戻される保険については、保険料が通常のものより高くなってしまうというデメリットもあるので、その点に注意して加入をしないといけません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ