保険会社はミニ保険会社では少額のサポートとなる

保険会社には、ミニ保険などの保険会社もあります。しかし、あくまでもミニ保険については少額の保険でのサポートをする保険会社となっています。ミニ保険とは、正確には正式名称を少額短期保険と言います。

保険会社についても、ミニ保険会社とされている場合と少額短期保険業者とされている場合がありますので、そもそもミニと言う単語が常に使われているわけでもありません。ミニ保険のメリットは、適度に安い料金で保険を組めるようになっている所です。

従来の保険では、プランとされている保険設定で保険に加入をするので、通常の保険では加入できるタイプが狭いというケースもあります。ですが、ミニ保険ではオリジナルの保険を提供できるようにもなっているので、人によっては都合の良い保険もある訳です。2006年に保険業法が改正された事により、少額保険については多くの保険会社が新しく参入するようにもなっています。

参入については、従来の方法での登録ではなく金融庁や財務省で審査を受ける形になっています。問題がなければ登録が行われるのですが、従来の方法と比較するとすぐに保険会社として運営が出来るようになっているので、何の法的根拠に基づいていないような共済が新規参入していることもあります。

また、保険会社としてメリットが多いと言うものではなく、正確には最低限の保険商品のみで運営がされている会社となります。その為、年間収受保険料についても50億円以下での運営が認められているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ