状況によっては免責金額が認められる補償のパターンもある

保険には免責があるので、保険会社は関連性の高い事故などに対して全て補償を行っていると言う訳でもありません。例えば自動車事故の場合には、搭乗者の過失であった際には保険金が支払われないようにもなっています。

過失であったかどうかについては、警察が事故状況の確認と事故に携わった人物に質疑をする事で、評価や審査がされるようになっています。ただ、過失であった場合には状況証拠などが写真などで押さえられるようにもなっているので、保険会社は免責となるようになっています。

もし保険会社が免責となった場合は、完全に自己負担を取るような形で損失や賠償について契約者が応じないといけません。また、その際には保険会社はノータッチとなるので、連絡などによるサポートについても対応不可となっています。次に、損害金に対しての免責と言うものもあります。

こちらについては、免責金額が定まっているケースで認められるようになっています。例えば、車両保険で免責金額を設定する事が可能となっていますが、あくまでも車両保険については上乗せで保険に加入をしている状態となります。

通常では、事故などで発生した怪我・自動車の修理については補償範囲となっているのですが、車両保険のみで保険金が支払われるケースでは、設定されている料金で上限が定まってしまいますので、不足している金額分については契約者で立て替えないといけないようになっています。

免責金額を超過する損害の場合、最初から保険会社から幾らまでであれば補償可能なのかについても明示されている場合があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ