自己都合による事故については免責事由に抵触となる

保険会社は、保険に加入された時点から補償を行っています。ですが免責事項もあり、保険が適用となっている間は、関連性の強い事故や怪我もしくは病気で必ず補償がされると言う訳でもありません。

具体的な例では、自動車事故などで単身事故を起こされた場合、通常とは違った状態の事故となりますので、保険会社についても免責事由で定められている範囲で免責が可能です。例えば、意図的に保険金を狙っている事故であったと発覚した場合がそうです。

このようなケースでは定められている保険があったとしても、後になって支払が免責されます。免責については、怪我や事故による修理費用で適用がされますので、このようなケースを意図的に引き起こしてしまった場合、それらの損害は当事者である契約者で賄わないといけなくなってしまいます。

生命保険などでは、虚偽の申告が見られたケースで免責が発生します。例えば重度の障害に関する保険を、かなり以前に障害にかかっていた人が健康体であるかのように偽装していた場合がそうです。このように契約そのものを虚偽の事実で覆い隠している場合、保険会社は強制的な解除が出来るようになっています。

強制解除処分などが約款に書かれているのですが、このようなケースに際して適用が必要な為に予め約款にも記載がされています。他にも、些細な怪我などを大きな怪我のように偽っていた場合にも、同様の処分や返金を要求するなどの対応で免責となるケースもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ