支払について短期を希望されている場合は有期払い

保険については、契約者が加入の際に支払期限を定める事が可能になっています。つまり、短くするのも長くするのも個人の自由となっているのです。また、短い契約については有期払いとなっております。主に保険料が高い理由も、殆どの保険が有期という形式で払っている人が多いからです。

有期としておくと短期で満了となり、保険料が高かったとしても保障については長期に渡って行われるので、デメリットもありません。
また、保険については特に期間が定まっていないものもあります。具体的な保険では自動車保険がそうです。

自動車保険については、加入してから解約をするまで保険の支払を行っていきます。つまり、1年後という超短期で解約しても問題ありませんし、人によっては保険の支払を生涯に渡って行っているケースもあります。ただ、生命保険ではそのようなプランについては存在しておらず、前述のように有期という形で支払を行っていきます。

しかしその一方で、生命保険には終身払いも用意されているのです。保険料については契約者が生涯において支払う保険なので、存命中に保険が失効となる事もありません。また、終身払いについては終身型保険などで申込むと、自動でそのような支払のものがセットされます。

生命保険では、他に支払期限が病気にかかった際に免責となるものもあります。具体的なものでは三大成人病保険がそうですが、このような病気にかかってしまうと重度の障害となってしまううので、保険料の支払は免責となるように決まっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ