保険会社が契約者を判断する為に有診査保険が存在する

保険の加入方法についてですが、生命保険は有診査保険となっています。実際に有診査という名称で保険が販売されている訳ではありません。そうではなく、保険に加入すると診査や告知が必要となっているのが、生命保険と言うだけです。

条件付きで保険によっては無診査でも良いものもありますが、条件が特殊となっておりますので一般的ではないと認知されていますし、積極的に勧められてくる保険商品でもありません。また、医師による診査については、過去に診査をされていると行わないで良いというものでもありません。

必ず保険加入の際には、近時で行われた診査と告知書が必要となってきます。診査というのは指定病院での診査を言い、告知書については健康診断などで発生した健康状態を指し示す書類です。告知が必要となっていた場合、この健康状態を指し示す書類は必ず郵送しないといけません。ここまでが完了すると、契約の最終段階に進みます。

それと、前述した無診査でも良い保険についてですが、条件で面倒とされているものが1つだけあります。それは加入年齢なのですが、保険会社では加入年齢については年齢が6ヶ月を超えている場合には繰上げとなる見方があります。

なので、59歳6ヶ月のような状態となっていると、実際は60歳で年齢が判定されるので注意しておかないといけないのです。こちらについては、年齢によっては保険そのものに加入できなくなるケースもあるので、特に注意をして契約を申し込む必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ