.配当の対象になれる有配当保険は3年以降で効果がある

近年ではボーナスが発生する保険が存在しますが、今回の有配当保険とボーナス発生ありの保険は別物となっています。後者については、一定の年数で積み立てられている貯金の支払がされると言うだけです。しかも、有配当ではないので10年や20年でようやくボーナスが発生します。

しかし有配当については、配当タイミングが保険会社の利益発生タイミングとなっているので、3年以降からで受け取りが可能となっている事が多いのです。
また、有配当に関する保険は生命保険として加入する事が可能な保険です。

自動車保険や火災保険と言った保険では、加入によって保障が受けられるようになっているので、このような特別なボーナスは発生しないとなっています。どのような理由で生命保険では配当金が出るようになっているのかについては、予定死亡率、予定利率、予定事業費率の3つで利益獲得が出来ているかどうかが重要となります。

これらについて保険会社が正常に利益を得られている場合で、且つ有配当保険に入られている保険契約者が契約から3年後、もしくは5年後や6年後に配当金を受け取る事が可能となっているのです。

また、前述した3つの利益計算は3利源配当タイプというのが正式名称となっています。利差配当タイプもありますが、この利差配当タイプについては予定利率だけで計上がされていき、余剰金が発生した場合に有配当となっている点で、3利源とは別の配当スタイルなのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ