保険会社の利益は利差益などの損失計算で行われている

保険会社によっては、経営状態を何かしらの項目で示している事があります。ですが、元から利益については利差益と言った計算方法があるので、昔から保険会社は運営状態の計算や表示がされていたのです。また、保険会社側の利益は基礎利益となっています。

基礎利益では、他に費差益や死差益が保険会社で発生する利益として計上されるようになっています。利益については、先ほどの基礎利益の利益分が臨時の損益分で計算した際に、利益が残ったかどうかで利益を判定するようになっています。

そのままですが、利益に値する金額が多く発生している保険会社ほど、実際の利益についても大きいので、契約者は基礎利益に問題のない保険会社で業者選びをするのが賢いといえます。他にも、保険会社については運営状態の格付け会社が発行する格付けを参考にする方法もあります。

次に前述した基礎利益についてですが、分類のされ方では利差益が予定利率の運用収入より運用収入では多くなった際の利益を言います。費差益については、予定事業費率で見込まれていた事業費より、事業費が少なくてすんだ場合で残った利益を指して費差益と言っています。

最後に死差益については、予定死亡率の死亡率より死亡率が少ない場合に発生する利益となるので、3つの基礎利益については通常より余剰として余った金額であり利益を指しています。特に費差益は、保険会社によっては大きな違いが発生する場合が多くあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ