連生で成立している年金なので連生年金となっている

一般的な保険は、単身で入る保険です。契約者は個人ですから、契約者名については1名のみが記載されています。しかし、生命保険によっては連生年金保険があるので、常に契約者や契約の適用範囲が1名のみでなかったりするのです。

具体的にどのような違いがあるのかについては、個人で加入する保険ではない点で違いがあります。これについては他の保障でも当てはまり、契約については個人のものと複数のものが用意されているだけで、どちらを選択するかは契約した個人や団体の自由となっています。

保険料の支払については1名の時と同じく、定められた料金の支払となっています。ですが、実際に連生という形で年金保険に入っているので、適用される条件が個人の年金保険とは別なのです。例えば、2人以上でも入れる保険となっているのですが、適用される条件については、2人以上の被保険者において生死に関するトラブルがあった場合となります。

主にこの2人については、夫婦や親子などで2人以上となっておりますので、家族で加入するタイプの年金保険でもあります。
連生となっている保険年金なので、従来よりも手厚い保障だけではなく、今では生命保険の年金では複数の相手で適用となる保険が販売されてもいます。

ただ、似たようなものに連合生存者年金があるので、注意しておく必要があります。こちらについては、同じように連生が使われているのですが、実際には2人以上の被保険者の内1名が死亡された場合に、もう1名の契約者に生涯において支払われるようになっている年金保険です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ