生活において助けられる事が多い連生保険について

連生保険とは、被保険者が2人以上存在する場合の生命保険となっています。似たような保険に保険年金タイプの連生があるのですが、こちらについては夫婦などで加入している事の多い保険で、適用についても被保険者2名が死亡するなど被保険者の人数で適用条件が定まっています。

それに対して、予め子供などの為に残しておく保険として連生保険が利用されています。連生保険の場合、夫婦だけでなく親子でも被保険者となっている場合があります。例えば、学資保険に加入している場合には連生の保険に加入している状態となります。

と言うのも、学資保険については子供の入学・進学で祝金や満期保険金が受け取れるようになっているからです。正確には親子2人以上で入っている保険となっておりますが、子供の為に親が加入している保険となりますので、連生の保険ではあるのですが、支払については親が代わって引き受けている形になる点で連生年金とは違います。

また、連生とはなっていますが免責事項についても子供の保険として相応しいものが用意されています。と言うのも、親が重度の障害にかかってしまった場合や、もしくは死亡してしまった場合については、保険の支払についても免除されるようになっているからです。

つまり、保険料の支払いについて正確に行われているのであれば、子供の在学中においては保険が常に適用となる訳です。また、一時的に支払を中断していた場合であっても、後になって払込をする事で保険の再適用が出来るようにもなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ