ロス・レシオを知る事で保険会社の付き合い方がわかる

保険会社では、ロス・レシオと言う用語が使われる事があります。損害率を指し示す際に使われる用語なのですが、こちらは会社だけが見る損害率だけではありません。

例えば、損害率が少ないとされる保険会社だということが数値でわかるようになっているので、自身が安心して利用できる会社かどうかを判定する際にも便利な数値となっているのです。そのまま損害率で評価されているケースもあります。

損害率については、保険金の支払いが多い場合に高くなってしまうので、低い状態で割合がまとまっている状態のものが理想となります。一般的な保険会社であれば、そもそも損害については高くない状態となっているので、評価の際にはランキング形式のようなものであっても、損害が低い順でまとまっていたりします。

そちらを判断して良質な保険会社であるか判断する事が出来るので、ロス・レシオは個人にとっても便利なのです。ランキングについては10位までとなっているものが多いですが、特に10位まででランキングされているだけでも実用性は高いです。

後は、実際に用意されているプランに加入したくなる保険があるかをチェックします。このように自分にとって都合が良いかどうかについては、難しい判定を繰り返し続けないといけないというものではなく、現代ではわかりやすい指標を使っての判断が可能になっているのです。

儲かっているような宣伝をされている保険会社があった際には、実質ではどのような利益を上げているのかを、このような指標でチェックするようにしておくと判断が簡単なものとなります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ