割増保険料があるので保険については特別で加入も可能

生命保険への加入は健康状態によって断られる事もあります。喫煙や飲酒といった生活習慣の自己申告制の部分に加えて、一番最近実施した病院での健康診断結果の提出を求めるところが多いでしょう。

基本的に保険会社では基準が用意されているので、基準以内の健康の人であれば生命保険に加入が出来るのです。しかし、割増保険料があるので各企業の基準は幅が広く用意されています。割増保険料は、特別保険料として扱われている特殊な基準なのですが、保険会社ではどちらでも通じる用語です。

何故、こういった、特殊な条件のでの加入基準までも用意されているのかというと、実際に特別な健康状態にあると言う人ほど生命保険を利用するからです。例えば、近年になって病気にかかっている人の場合、それだけで生命保険の加入を断ってしまうと問題があります。

基準が狭いと判断されるケースもあるので、なるべくそのような人であっても契約が結べるようにしておきたいのです。その為に、このような生命保険の加入方法が用意されています。被保険者の健康状態については、既に病気にかかっているケースでは特別保険料については掛からないようになっています。

こちらについては、病気にかかっているかどうかよりも障害者として生活を送っているかどうかを判断しているからです。例えば、病気にかかっている人の場合にはどれほどの期間で病気にかかっていたのかを判断してくれます。若い時に一時的に病気にかかっていた場合については、特に健康も悪くないと判断される事も多いのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ