一般的なカードローンやクレジットカード利用はアンタイドローン

カードローンなどの借入先では、「お使いみちについては自由となっています」と言うPRが良く利用されています。また、お使いみちと言うのはカードローンなどの資金使途について自由となっているのを言っています。なので、どのような目的であっても利用については制限がされていないのです。

また、このような利用の制限がないローンをアンタイドローンと言うのですが、カードローンだけでなくクレジットカードも同じ仕組みになっています。
逆に、制限が設けられている資金使途については決まっている場合をタイドローンと言います。

タイドローンとして販売されている金融商品では、大型融資のものが多くなっているのですが、こちらについてもアンタイドローンとは異なっています。小口融資においては制限がかかっていないケースが多いので、カードローンやクレジットカードで制限がかかっていない場合が目立つ点についても、このようなローンの仕組みがあるのでそのようになっているのです。

また、このようなローンについてはデメリットやリスクについてもありません。例えば、お使いみちは自由と言っているのに利用をした直後に何かしらの制約がかかる事もありません。

ただ、小口融資となっているのでいきなり1,000万円以上と言った大きな金額は借りられるようにもなっていなかったりします。タイドローンの場合は、審査そのものが長い代わりに制限を守られるのであれば融資金額についても1,000万円以上と言うケースがあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ