毎月の支払と一部繰上返済については別物となっている

クレジットカードなどの支払では繰上返済についても可能となっています。正式には一部繰上返済と言う名称でサービスが提供されているのですが、こちらについては随時返済や固定料金による返済とは違っています。

相違点については、随時返済では手数料がかかってきますが、繰上返済ではATMから好きなタイミングで返済が可能となっており制限についても特にかかっていません。
それに対して、随時返済については決められた方法で支払をしないといけないので、支払う金額によっては手数料がかかってきます。

次に固定料金での支払とでは利息計算に大きな違いが発生します。例えば、固定料金では決まった金額のみでしか返済が出来ません。それに対して繰上返済では、大小に関係なく支払っても良いようになっており、支払について対応しているATMであれば、どこからでも返済ができるようになっている点で違いがあります。

この利息軽減効果があるので、一部繰上返済についてはクレジットカードなどの支払方法でも採用されている事が多いです。ただ、クレジットカードであっても金融商品以外では利用不可となっているケースもあります。

例えば、生命保険料のように毎月で支払について変動がないものを、繰り上げて数ヶ月分で支払っておくと言うのは出来ないようになっているのです。あくまでも分割支払になっているものを、繰上返済では回数を減らす名目で対応が出来るようになっているだけです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ