約定返済日があるのでペナルティーとして延滞利息が発生する

延滞利息と言うのはペナルティーの事です。借金では、基本的に延滞利息分と言う項目がありますので、返済で遅延されている場合には返済が遅れた日数分で遅延損害金と言うものが計算されるようになっています。ただ、ペナルティーではあるのですが支払ってしまうと、その時点でトラブルについてはなかった扱いになります。

その為、現代では遅延損害金が発生している場合についても、余り電話による催促などは行われません。具体的には、1カ月程度の延滞利息の発生についてはメールやハガキで通知してくるだけなので、連絡があった際には連絡内容に従って返済を行うようにしておきます。

基本的にはメールではなくハガキで返済方法が記載されているものが郵送されてくるのですが、今ではコンビニ支払用の紙を利用されるとコンビニで支払が出来るようになっているので、支払方法については複雑なものではありません。

また、コンビニ支払いの紙が郵送されてきた場合ですが、郵便局や銀行でも支払が可能となっているケースがあるので、最寄りにコンビニがなかった場合には別の金融機関でどこが対応しているのかチェックすると良いでしょう。

延滞した利息分については、金額によっては数百円程度と言うケースが多く、正確には遅延損害金の利息分が計上された状態で合計支払額が決まっています。クレジットカードやカードローンの遅延損害金については、20.0%以内で定まっている事が多いので利用しているローンによって大きな差は発生しないようになっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ