カーローンとカー用品ローンは違うローンです

カーローンは車の購入をローンで行う事です。なので、このプランでは車単体に対して借入契約を行っているので、通常より金利が安く設定されているのです。また、車のパーツに関しては、自動車用品に関するプランで契約を結ぶので、こちらで契約を組むようにして支払を行っていきます。

ただ、今ではキャッシングとしてまとめる事も可能です。
どうして、カー用品ローンが用意されているのかについては、自動車は個性を出すためにドレスアップする事も可能となっているからです。

通常では購入された状態のままで自動車が納品される形になっていますが、オプションとされるものも含めて購入をされると、車に装着可能なパーツについても取り付けられた状態で納品がされるため、このような契約もあるのです。

他の自動車用品については、今では前述したオプションではナビゲートシステムなどを自動車に搭載するかどうかなどもあります。つまりは、新しいパーツを取り付ける際には人によって差が発生しますので、このように好きなものを取り付けたり、パーツについてはパーツだけで契約出来るようになっているのです。

ナビゲートシステム以外では、ETCも用意されていたりと自動車用品と言っても多くの種類があり用途についても安易に指し示せません。また、車用品のローンの場合、支払方法については回数によっての支払が採用されている点は、通常の自動車の支払契約と大きく変わらないでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ