貸金業は広範囲の業者を指し示すものではない

お金を貸し付けている業者やビジネスの形態を貸金業と言います。また、銀行などについては必ずしもこの貸金業でまとめられている訳でもありません。例えば、貸金については小口の融資を主に指しますので、大口融資を前提としている銀行については当てはまらないケースも多いのです。

このような違いがありますので、銀行について案内が貸金でされていなかったとしても問題はありません。それと、主に貸金を生業としているのは消費者金融の事として理解しておくのが無難です。

と言うのも、昔はノンバンク系として複数の金融業者がいましたが、現在ではそれらが統合されている状態で、消費者金融かもしくは街金となっているケースが多いからです。消費者金融については、サラ金として扱われる事もありますが、性質としては同じものなのでどちらで理解されても問題ないでしょう。

この貸金に関する業者で主に含まれないものは、前述した銀行以外では次のような業者もあります。

1つは協同組織金融機関ですが、今では組織金融としてまとめられてもいますし、貸金と言うよりは融資に関する相談で組織に加盟(加入)している場合に利用できるので、誰もが利用を出来ると言う訳でもないので除外されている事が多い他、他にも保険会社や証券金融会社、または短資業者などについても貸出目的が違っているので除外されているケースが多いのです。

そのため、ノンバンク系のみの業者でまとめられているものと判断するのが正しいとなります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ