貸出限度額と極度額には違いがありますので注意

クレジットカードの利用においては、希望借入額と言うものを設定した状態で審査が行われるようになっています。ですが、実際に希望限度額で反映されると決定しているわけではありません。と言うのも、クレジットカードには貸出上限や極度額があるからです。

貸出限度額については、実際に貸し出しできる金額を言っていますが、人によってはこの金額については高くならないケースもあります。例えば、既に別のクレジットカードを所持されている場合がそうです。

この場合には、貸出において限度額が引き下がると言う決まりがあるので、希望借入額が最大で50万円となっていても20万円や30万円でしか借りられないと言うケースもあります。逆に、初めてのクレジットカードであった場合については、限度額一杯で借りられるようになっていたりもするのです。

更に、クレジットカードと言ったローンについては極度額もあります。
貸出に関する限度額については、正確には「融資限度額」と言うのですが業者側で設定されている上限金額の事です。しかし、本来であれば貸出をしている業者にとっては限度などを定めずに更に融資をしたいという背景もあります。

そちらについては極度額で示されているのですが、例えば50万円が個人に対する融資の限界であっても、極度額として500万円となっている場合については、法人や自営業などのビジネス形式のローンでは、利用ができるローンとなっているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ