過剰融資は今ではカード利用でも制限がかかっている

クレジットカードでもそうですが、過去には過剰融資と言うものが問題視されていました。と言うのも、借り過ぎ注意となっているローンであっても、貸す金額については定まっていない時代もあったからです。あくまでも過去の時代の話で、現代では過剰に融資が行えないように変わっています。具体的には総量規制がそうです。

このため年収の3分の1までしか貸せないようになっていますので、今ではカードローンも安心して利用できます。総量規制については、ノンバンク系で規制がかかっていますが、ノンバンク系とは個人向け小口融資をされている貸金業者の事です。消費者金融などが有名ですが、今では街金についてもノンバンク系として知られています。

過去のように過剰な融資はされていませんし、また貸出す金額についても会社別の裁量ではないので、借り過ぎてしまうトラブルまで軽減されています。また、自分で予め設定しておくこともできるので、人によって困るケースも減っているのです。

また、過剰に融資を受けてしまった場合については、借入額を減らすと言うのも可能になっています。総量規制がある現代で、どうして借り過ぎている状態が発生しているのかと言うと、人によっては総量規制誕生前から借りられている人もいるからです。

そのような場合、業者側で設定漏れがあった際には自己申告として対応をしないといけません。また、数日から1週間程度で減額対応がされるように決まっているので、日数が余りかからないようにも工夫されてます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ