過払い返還請求について注意の必要な事柄について

過払いとは、依然貸金において特に規制のなかった頃に法廷利率以上の利息を支払った状態を指します。今では、グレーゾーン金利が廃止されています。元々は、グレーゾーン金利とは言わずに規制以上の金利として扱われていたものです。

正確には違法金利となっているのですが、明確な法律や規制がなかった為に人によっては違法金利で借入をされていた人もいます。また、違法金利分については超過している返済金となりますので、返されるのが決まりとなっています。

それが過払い返還請求なのですが、過払いとは別物となっているので注意しなければなりません。その理由ですが、超過分の支払については請求をするしないについては個人の自由だからです。また、その際には業者側で対応をしてくれるケースと、返還請求をしないと対応してくれないケースの2つがあります。

法律事務所を通じて返還請求を行うように訴えているCMもありますが、そちらは返還請求の事を言っています。単純に超過しているお金については、返還請求をしないでも金額が小さい事もあり自動で返還されてくる事もある金額なので、厄介なのですが勘違いをしないように注意しないといけない訳です。

前者については自動で返還されてくる可能性があるので対応を待ち、後者については長期返済時に超過金利分として請求をしないといけない金額となっています。後者については、今までの法律上での規制についても調べないといけないので、専門的な法律事務所で相談をするのが適切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ