借入金利と呼ばれるローンにかかる金利の実質年率について

住宅ローンや車のローンなど分割払いについては、借入金利を元にして利息分が計算されるようになっています。種類としては固定と変動があり、借入を決済する際の契約でどちらかを選びます。実質年率は、トータルで年間でかかる金利の割合を指します。

また、借入の際に発生する分の支払金額は、業者では利息で表されている事が多くあります。これは、他の金融商品では利子とされている貯蓄型の金融商品で発生する金利と区別する為に使用されている事が多いです。

今回の場合では、利子については利用者側で発生している利益となりますので、損失が利息です。損失ではあるのですが金融商品の利用では大きくならないようにも工夫がされています。例えば、クレジットカードの場合に短期で返済をされるようなケースでは、金利についても安くなるように工夫がされているからです。

実際の金利については、クレジットカード会社のホームページに記載されているもので適用となっており、主に3回払い以内で支払回数を設定されていると安くなる特徴があります。他にもカーローンや住宅ローンについても金利については通常より安いです。

金融商品に掲載されているものについては通常となりますが、カーローンなどでは特別商品としての金利が適用されるので、通常では10%以上のものであってもカーローンなどでは3%~7%と言った小さな割合で適用がされます。クレジットカードについては、前述の通りで支払回数を重視し金額については無関係であるケースが多いです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ