借入利率を意識してクレジットカードを利用する

どのような金融商品であっても、金利については実質年率と言うもので計算がされるようになっています。支払においては金利分で利息の計算がされるので、利息として計算がされているものについては商品金額と別で支払をしていかないといけないのです。

また、実質年率については借入利率と同じとなっているのですが、利用する金融商品によっては実質年率ではなく、借入利率のみで案内されているケースもあるので注意しなければいけません。

借入に関する金利となっているので、プランによってはローン金利となっていたりもしますが、特に違いはないとして同じものとして扱われています。主に住宅ローンや自動車ローンで利用されていますが、重要なのはクレジットカードを利用する場合の借入に関する金利です。

と言うのも、クレジットカードの金利については変動するようになっているので、仕組みについて把握されているだけでも随分と違ってくるからです。例えば、クレジットカード利用の場合には利用金額ではなく支払い回数で金利が変動するようになっています。支払回数について利用者側で設定できるようになっているからです。

支払い回数を購入の際に決定するのですが、これはショップのスタッフに口頭で伝える形で決定する事が出来ます。また、現代のクレジットカード利用では金額についてネットで確認する事も可能となっており、最初にマイページ用のアカウントについてもカードと一緒に発行されます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ