利息が減っていく元金均等返済方式と言う支払方法

近年では、元金均等返済方式とリボルビングローンの2種類で自由にお金を返していく方法が選べるようになっています。元からの金を均等にする返済方式と言うのは、最初に購入をされた商品の金額を均等にして支払を行っていくと言う返済方式です。

なので、リボルビングローンのように毎回利息については固定となっている訳ではありません。リボルビングローンは長期に渡ってお金を返すことが可能ですが、長期でお金を返していると金利も高くなります。ですが、元金均等返済方式を選択されていると、元金から減っていきますので金利についても高いのは最初の支払だけとなります。

これについては、元金を軸にして金利分が計算されるようになっているので不思議ではありません。リボルビングローンについては、最初から元金については好きなように支払って良いと言うミニマムペイメントが採用されています。

つまり、最小金額でお金を返している場合には金利分のみの支払しかしていない計算となるのです。その為、クレジットカードでは元金を均等にしてお金を返していく言うような支払方法については、推奨されていないケースが多いです。

クレジットカードの場合、ショッピング枠の利用をする形で支払をしておりますので、場合によっては急に返済されている金額が増額するケースもありえるからです。元金を均等にして返済する商品では、最初から決まった金額で支払っていかないと返済が難しいようなカーローンなどで主に利用がされるようにもなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ