完済をする事で借金については一区切りとなる

クレジットカードなどの借入については、完済をする事で借金が消滅するようになっています。しかし、借入そのものの契約者としての立場はなくなりません。と言うのも、クレジットカード契約者と言うのは、カードを所持している場合には、契約者のままだからです。

あくまでも契約分を完済すると、借金の一部が終了となるだけで、将来的に借金をした場合には新たな借入を支払っていく必要があります。
クレジットカード利用において当然の事とされていますが、契約者として将来の弁済を保証されている上でこのような支払について可能となっているのです。

本来であれば、キャッシングローンのように1つの借金が終わると、借金を取り扱っている業者との関係についても消滅すると言うのが自然な流れです。また、借金については支払が多すぎるといったケースもありますので、その点にも注意が必要となるでしょう。

例えば、契約上でミニマムペイメントで支払が可能となっているのがクレジットカードの魅力なのですが、随時返済が可能となっているので、人によっては支払が過ぎると言うケースがあります。

随時返済においては、引落ではなく振込となっておりますので、借金額については自身でも管理していないといけないのです。このような背景もありますので、支払については小まめにチェックするようにして完全に返済するのも重要です。もしくは、業者のオペレーターとの相談が必要となってくるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ