与信情報があるので完済報告書の登録が存在する

借金については、支払が滞っている場合には遅延としてマイナスの評価がされるようになっています。また、現代では消費者金融などのノンバンクであっても借金について情報を共有し管理をしています。

それを与信情報と言いますが、与信情報については指定業者から提出される完済報告書に沿って対応するので、重要なのは完済に関する報告書を意識して返済されているかどうかとなってきます。

具体的には、遅延が起きず完済をするようにします。遅延に関しては細かい取り決めがあるのですが、基本的に約定日までに返済をしているだけで問題ありません。完済しないでいる場合には、それだけで新しいローンなどが不可能となるケースもあるので契約者はメリットがありません。

また、完済をされているかどうかについても完済報告書に記載がされるようになっており、それについては個人信用情報機関(個人信用情報センター)で登録がされるようにもなっているのです。つまり、返済を完了したと装うのは困難です。また、与信情報については何もマイナスの評価だけがされるようになっている訳でもありません。

例えば、繰上返済などについて可能となっているタイプのローンでは、そちらを行ってローン返済されているだけでも与信情報について良い評価をされるようになっているのです。具体的なローンでは住宅ローンがありますが、予め繰上返済を行えるように設定をしておき利用すると、場合によっては別のローンなどを金利優遇などで受けられるケースもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ