将来的に安心して返済できる元利均等返済方式

カードローンなどで採用されている元利均等返済方式は、従来のローンとは違い、最初は利息を重点的に減らしていくと言うローン返済となっています。利息については、最初に元金を軸にして計算がされるようになっているので、後になって増減するようにはなっていません。

逆に、利息も元金も平均的に支払していけるものもありますが、こちらについては支払においては利用されない事もあります。その理由は、長期の支払となった場合に、高額の支払額でローンを返している場合には、人にもよりますが支払そのものが段々と苦しくなってしまうケースがあるからです。

利息については、初期の段階で対応を急いでいると、必ず元金についても減っていくので、増えると言う事はありません。元利均等返済方式が採用されている場合も多くあります。また、他にもミニマムペイメントでローン返済が出来るリボルビングローンもあります。

クレジットカードで利用されているリボルビングですが、リボルビングは元利を均等にして支払をしていくのではなく、借りている金額に応じて好きな回数で支払えるようになっているのが特徴です。

また、好きな金額で返済をしていても問題ありません。ミニマムペイメントとされている最小の返済額が既に決まっている状態で返済をしているので、そちらを意識してお金を返しているようであれば問題ないのです。また、支払については回数制限がありますが、その間で好きなものが選択できます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ