平均的にローン返済出来る元利定額リボルビング方式

ローン返済は、クレジットカードであっても利用する金額が増額するケースもありえます。例えば、ショッピング枠を数度に渡って利用しているケースがそうです。

このようなケースは、一般的なクレジットカード利用となっているのですが、返済額は元利定額リボルビング方式としている場合には、好きな金額で固定が出来るようになっているので、一回あたり返済額は利用回数のみで単純に増えるようにはなっていないというのが特徴です。

例えば、最初に毎月で1万円としている場合には1万円のみで固定となります。10万円をショッピング枠の利用で使っても、または50万円で利用したとしても結果は同じです。このような最低金額を決めておき平均的にローン返済をする方式が元利定額リボルビング方式なのです。

また、後になって変更する事も可能となっているので、最初に設定をしたクレジットカードの個人利用情報は、自ら管理しておく必要があります。そちらを使用する事で、クレジットカード会社のオペレーターに間接的に連絡をする事が可能となっており、クレジットカードの情報も確認が可能です。

設定では、制限もありますが個人で好きなように変更が出来るようになっています。ただ、オペレーターの対応の速さは、クレジットカード会社によってはズレが生じる事もあります。ただ、それ以外の問題点は、会社そのもので大きなズレがあるというものでもありませんので、安心して使えるようになってます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ