契約者は債務者として期限の利益が図られている

期限の利益と言うルールがあるので、クレジットカード利用においては債務者に対して支払の約定日が定まっています。

この期限の利益は、存在するのとしないのとでは全くローン返済の性質が違ってくるものなのですが、基本的にローン返済において期限は、利益が有効となっているので、債務者に対して督促などが頻繁に行われる事はありません。

クレジットカード利用の場合には、支払期日と言うものが最初から決まっているのですが、こちらが契約者にとっての利益となっています。

クレジットカードそのものは、将来的に弁済できる能力を有していると言う事で利用が可能です。弁済できるかどうかで大まかな審査が行われ、その後に利用が可能となりますが、他にも支払については、クレジットカードの管理会社から指示されないように定められている特徴もあります。

このような支払についての約束を期限と定めているので、基本的に支払は、約定日とされる引落がかかる日時で期限が設けられています。もし、クレジットカードの返済において約定日を超えて支払が不可となってしまった場合には、返済について改めて行う日時が設定されるようになっています。

もしくは、指定振込口座にて返済をするような形で可能になっているのが、債務者にとっての利益となるのです。連続して毎月で遅延が発生している場合には、予め定まっている返済方法に切り替わる形で、ローン返済を続けていくと言うケースもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ