公務員など定まった人が利用できる共済組合貸付

お金に困った際には、人はクレジットカードを利用するか銀行でカードローンをするなど、基本的に借金をする形でその場凌ぎをされるものです。もしくは、人伝い(家族や友人)と言った個人間でローンをすると言うのが一般的となります。

しかし、それらの借金については特別な職業では、最初からローン方法が別に用意されているというケースもあります。例えば、公務員や教職員として働かれている人達が、該当します。このような公務員などの定まった相手に対してお金を貸すという場合では、共済組合貸付として利用をする形になっています。

貸付制度の1つですが、所属している共済組合について確認をし、共済組合貸付を受けるというのが他のローン方法と違っている点です。他にも貸付制度においては、住宅資金であったり、教育資金で融資される点で他のローンとは違い、多種多様なタイプのプランが用意されているという特徴もあります。。

また、組合より貸付となっていますが、臨時資金(医療・災害等)であっても貸付について利用が可能です。生活全般についてサポートしている訳ではありませんが、組合からの貸付については優遇されている点についても多いので、公務員が借金を利用する場合には、共済のものが良く利用されると言う訳です。

優遇については借金によっても違いますが、主に借入において長期の利用が可能である点と、年齢に関係なく条件を満たしていると使える点が他のローンより優れている点となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ