ローンは金消契約により締結されるようになっている

クレジットカードでもそうですが、お金というのは賃借契約をもって借りられるように法律上で定まっています。なので、貸す側がいない場合にはお金を借りて利用すると言うのも不可能になります。例えば、ローン契約がそうなのですが、ローンについては借りられる場所が予め定まっている状態となっています。

例えば、一般に金融機関とされる機関か、もしくは消費者金融で行う流れとなっています。これを金消契約と言いますが、正確には金銭消費貸借契約の略称となっているので、ローンなどが可能な金融業者によってはそちらが使われている場合もあります。

また、完済まで一括しての返済について待って貰えるようになっていますが、これは期限の利益によって債務者が守られているためです。なので、過去にはそのような利用についても定かでないようなローンもありました。但し、今では法規制もあるのでそのようにはなっていません。

また金消契約については、基本的に誰もが利用出来るようにもなっています。条件と言うものが金融機関では定まっているのですが、「成人以上で定収入者とされている者」についてはカードローンやクレジットカードの契約が結べるようになっています。

但し、利用においては制限が設けられてもいるので、その金額や回数を超えての利用については禁じられているのもローンの特徴となっております。それらを守って正しく利用されるのがローンの定義となっているので注意しないといけません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ