ローン契約後は金銭消費貸借契約証書が発行される

カードローンやクレジットカードなどの契約を結ぶと、自宅に通知書が郵送されるようになっています。此方については、金銭消費貸借契約証書とされるもので、金消契約されている立場を表す場合に利用されます。

また、ローン契約については、解除する事も自身で行えるようになっているのですが、その際には発行されたカードや証書についても、返還をするのが決まりとなっており、此方については守らねばなりません。

また、ローンの際にトラブルがあった場合についても、金銭消費貸借契約証書には記載がされているので、単なる証明書ではなく、マニュアル兼契約者証明書と言う作りになっています。紛失してはいけないものでもあるので、自身で証明書については保管をしていかないといけません。

但し、カードローンなどのカードと同じで紛失してしまっても、カード会社に問い合わせをすると紛失対応をしてくれます。更に、クレジットカードなど紛失してしまった場合に、悪用されやすいものについては、契約者からの連絡があった場合、利用停止などの対応がされるようにもなっています。

このような対応があるのですが、その際には証書などの利用によって、新たにカード発行をしないといけないケースもあるので、保管をしておく必要がある証書なのです。また、このようなカード情報などについては郵送ではなく、ネットのみで管理をするサービスもありますので、通知については絶対でもありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ