金利優遇は自然発生するものと人為的に発生するものがある

金利優遇と言うと、低い利率のものもありますが、正確には低い利率のものは別物として扱われるようになっています。そもそも、利率を引き下げるというのは利用当初ではあまり対応してくれない場合が多いです。

前述したものは低金利と分類されているのですが、誰であっても同じような利率で利用できるようになっているサービスです。
また、金利の優遇とどのようなところで違っているのかというと、それはサービスそのものに期間がある点です。

期間が設けられている場合には、期日を過ぎると通常と同じ利率に戻ってしまいます。また、低金利であった場合には、金額によっては利用出来ないなどの制限が細かく決まっている点で違っているとされているのです。

そして金利についての優遇なのですが、基本的に次のような点で、条件を満たしている場合に受けられるように定められているので、違っているとされてもいます。
1つは預金となります。預金について口座をまとめておき利用されていると、利用を行っている銀行や信用金庫では利率を引き下げてくれやすくなっています。

もう1つは商品購入時に設定をしておくタイプです。例えば、不動産ローンでもそうですが長期的な返済となるものについては、「全期間優遇、一定期間優遇」で優遇される期間を選べる場合もあるのです。

一般的には全期間で対応してくれる場合に、金利面では特に利益が出やすいとなっているのも特徴の1つです。一定期間優遇については長期間で定まっている訳でもありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ