繰上返済手数料があるが無料となっているものもある

繰上返済については、サービス代金もあるので注意しないといけません。例えば、一部のみで返済をする際には一部繰上返済手数料と言うものがかかります。一部と言うのは、全体の一部を指していっているので具体的には、繰上返済をされる際にサービス代金がかかってくると言う訳です。

また、それだけでなく全体であっても同じように手数料が必要となります。
ただ、あくまでもサービス代金は決められているだけなので、手数料の金額そのものについては大きく変動しないようになっているのが特徴です。また、このような返済方法については無料とされているケースもあります。

例えば、当行ATMでは無料であったり、もしくはコンビニATMで指定のものについては無料の場合もあるでしょう。ただ、コンビニATMでは有料のケースが多いとなっています。支払方法に関しては、金融業者によってそれらの情報も異なっているのでチェックしておく必要があります。

主に大手銀行でのカードローンは、指定口座であれば無料となっているケースが多く、今では手数料がかかってくる場合については繰上返済一覧のページにて掲載がされるようになっています。

一般的な手数料と同じで「100円、200円」と言った手数料に消費税が盛り込まれているものが適用となります。消費税については、提供されるサービスに対しても発生するようになっておりますが、基本的にサービス代金で1,000円以上と言った、高価な料金がかかってくるものは少ないのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ