カーローンと車ローンには利用範囲で大きな違いがある

今では、カーローンで統一されていますが、基本的に自動車に関する支払は車に関する契約でまとまっています。車の借入と支払なので、そのままの名称が採用されている場合が多いのですが、銀行などでは融資可能な金融商品の1つとして販売されているケースが多いです。

また、中古自動車販売店であっても利用可能なローンとなっており、自動車の販売が行われているお店では、借入契約で推奨できるものを予め伝えてくるケースも多いです。また、契約についてはオートローンとされている事もありますが、車ローンとの大きな違いは、車体購入目的と言う点です。

この場合は、自動車購入費用と言う名目で借入を行うようになります。このケースでは、業者側も便利な借入方法となっているので、有名な信販会社を勧めてきたりしますが、必ずしも業者側から提示される信販会社を利用しないといけないと言う決まりはありません。

人によっては、自分で用意されてくる人もいますが、そういった利用も許可されています。具体的には、銀行や信用金庫で取り扱われている商品なので、窓口で相談をされれば審査までについては誰にでも行えるようになっています。

但し、借入において金利が違ってきますので、この点については了承した上で選択をしないといけません。また、その他ではバイクローンについても同じように自分で契約を行えます。今では先ほどの車に関する借入としてまとめられている人も増えてきているので、オートローンでバイクの購入というのは、銀行側でも容易に理解してもらえるものになってます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ