弁済が可能なのであれば検索の抗弁権がありとなる

弁済は、一般的に借金返済においてその能力が認められている状態を表すのに用いられます。なので、銀行や消費者金融などでローンをされている場合は、カードローンの支払能力があるという状態を指しているのです。

但し、人によっては一定の能力を示せる訳でもありませんので、将来的に弁済を疑われるようになり、困るようなケースまで存在します。
具体的には、債権者から保証人に対して支払能力が認められないので、返済を急いで欲しいと要求するケースがそうです。

このようなケースでは、検索の抗弁権があるのかないかで判断がされます。弁済が可能だと提示されていれば、検索の抗弁権が発生するようになっていますが、ある場合には、従来の通りに返済も同じように行えるようになる権利です。

主にこの権利が働いていると、主たる債務者の財産に対しての執行が見られるまで発生しますので、財産が債務者にある内は保証人の支払を後にしておく事が可能となります。つまり、債務者側からの要求に対して弁済をし続ける証明のようなものなのです。

これについては、具体的なものでは担保や別の保証人をあげるなどして対応すると言った方法がありますが、他にもまとまって溜まってきているローンを一括して返済する約束事であっても、弁済を一時的に認めるとなります。

簡易的にまとめると、弁済については長期的か一時的に関わらず、一定の金額で返済が続いている場合にはその能力についても保証される特徴があるのです。もしくは、法的な対応によって、弁済が長期的な対応でも可能となるような和議についても存在します。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ