債務不存在確認訴訟で債務がないことを証明する

たとえば現在借金が60万円ほどある、しかし引き直し計算をしてみたら、数百円ほどの過払い金がある、という場合には債務不在者として訴訟を起こして、裁判所にそのことを認めてもらえば、それ以降はお金を返さなくても良いことになります。

難しいのは、昔と今では金融機関の利率が法律で決まり、昔よりも今の方が利息は少なくなっているために、利率で計算すると、お金を返しすぎている過払いという状態があることです。

明細上では借金はあるけど、実は過払いになっている、しかし過払い金がわずかで弁護士に頼んで取り戻すほどではない、このような時に債務不存在確認訴訟があります。

裁判を起こす前には、まずは貸金業者に借金はないという旨の書類を送ります。この段階では相手はすぐに返済しなくて良いとは認めないので、毎月の借金の返済は必要です。ここでお金を返すのを止めてしまうと信用情報機関に金融事故者として記録されてしまいます。

その後裁判を行います。ここで勝訴すれば返済義務は無くなり、敗訴すれば今まで通りお金は返していくことになるでしょう。また勝訴するまでは、毎月の返済義務は残るのです。

ただし訴訟には弁護士などが介入することになるので、信用情報には掲載されてしまいます。過払い請求の場合には信用情報に記載はされず、上記のたとえの場合にどのようにするかは本人次第ですが、少しの金額でも過払い金がある場合は、過払い請求の方が後々の事を考えると良いかもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ