サラリーマン金融の借入れの時効は10年である

サラリーマン金融は消費者金融と同じような意味で使われる場合が多く、個人に対して小口の融資を行う貸金業者のことです。以前はヤミ金などのイメージが強かったために、最近では消費者金融という呼び名を使うところが多くなってきています。また市街地に営業所が多かったので街金という呼び方もあります。

借入れをした人の時効は個人では10年です。これ以降の時期の返済義務はなくなりますが、時効になる条件はいくつかあり、10年間で1度も返済しないこと、その期間中に借金があることを認めないことが条件です。この条件を満たして10年間借金を返済しなければ、その後の返済義務は無くなります

貸金業者も手をこまねいて見ているだけではありません。時効になった借金については、裁判所を通すと債務名義というものを取ることが出来ます。これによって給料や財産の差し押さえが可能です。

差し押さえが出来ない場合には、その後の遺産相続時に差し引かれたりするケースもあるので、財産差し押さえの通知が来たときは素直に応じるべきです。

ただし回収に掛かる費用があいての借金よりも大きな場合には時効になったら諦める場合もありますが、50万円以上の金額なら民事裁判に出来るので、時効になっても諦めることはまず無いでしょう。

また財産の差し押さえは、非常に厳しい法的手続きを通して成立させることになり、差し押さえが決定した場合には、債務者には対抗できる方法はないと思った方が良いです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ