サラリーローンとビジネスローンそれぞれの特徴とは

サラリーローンというのは消費者金融とも言われ、会社員などの給与所得者を対象とした小口の融資を行う貸金業者のことを言います。しかし消費者金融の中には、ビジネスローンと言って自営業者や中小企業を対象として融資を行うところもあります。昔は消費者金融が中心でしたが、最近では銀行も融資を行うところが出てきました。

サラリーローンでは融資を行ってその利息で利益を上げるのが目的となっています。そのために利息も年20%近くと高い数値になっています。それに対しビジネスローンは企業にお金を貸し出して、その資金で利益を上げてもらい、そこからお金を回収するのが主な目的になっています。

そのために投資という意味合いの貸し出しも多いのです。
どちらのローンも無担保・無保証人で融資を行うという場合が多いですが、ビジネスローンの場合には第三者の保証人は必要ありませんが、通常は代表取締役の人が保証人となるケースが多いです。

さらに必要とする書類が少ないために、銀行融資などと比べて審査が短く、借りやすいという特徴もあります。貸し出す際の金利も貸すお金が大きいために、比較的低い金利に設定されている場合が多いです。

ちなみにどちらのローンの場合にしても、銀行系が金利が低くそれ以外の所は金利が高い数値になっていることが多いです。さらに借りやすさで言えば、金利が高い方が審査が甘い傾向にあり、そのようなところの方がお金を貸してくれる可能性も高くなります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ